So-net無料ブログ作成

いつもの事ながら・・・ [大連生活]

今日は朝から按摩へ レッツゴ~!!

毎週金曜日は友達と連れ立って 最近お気に入りの

中医の按摩屋さん行って、日々の疲れを癒しています。

至福の時を過ごし、お昼は皆で 『 火鍋 』でも食べようか?

ってことで、お店に行きました。

そこから、今日のケチが付き始めたのでした・・・

思いっきり態度の悪い店員。

普段よく行くお店なので、そこには日本語と中国語の2つのメニューがある事を

私達は知っています。

中国語のメニューはとっても豪華な物ばかりで、何故だか品数も少ないので、

いつも日本語のメニューを持ってきて貰うのですが、いくら言っても知らんプリ。

そんな時はいくら中国語であれこれ質問しても大体が 『わからない!』とか

ハア~?みたいな態度を取られる事は良くあるのですが・・・

二度までは、穏やかに 『日本語で書いてあるメニュー持ってきて。』と頼んでたんですが、

その店員、顎を上げて 『 あぁ~?』 と、来たもんだ!

流石にブチ切れたです。

お腹の空いてる私は機嫌が悪いのじゃ!!

日本語交じりで、声を荒げて再度

 『 だから!日本語のメニュー持って来いって言ってるんじゃワレ~』

とは言いませんでしたけど、その様なニュアンスをかもし出しながら

日本語メニューを要求した所、

プイっと部屋から出て行き、代わりに上司らしきオジサンがにこやかに入って来て

日本語で対応してくれました。

日本語ができるオヤジを要求したんじゃないわ!!メニューじゃ!

ぶち切れチャイ凸(--メ) 後は友達がその場を仕切ってくれたので、

美味しく火鍋を食べ、とても感じのよい店員さんに代わって貰えたので

気分良くお店をでたのです、が、

お店を出て、今度は子供の少林拳の衣装を作っていたので

それを取りに行ったのでした。

出来上がりは悲惨な物でサイズはバラバラ、

おまえホントに寸法を真面目に計ったんかい??

すったもんだのやり取りの始まり始まり~!!

絶対に非を認めようとはしません、目の前に現ブツが有っても・・・

伝票を探し出させ、衣装の出来上がりサイズを測定させ様やっとの事で

非を認めさせたのが店に着いてから約2時間後。

すっかり周りのお店の人は帰った後で、そろそろ其処の建物自体が

閉められようと、していたいました。

勿論子供たちは、すでに学校から帰っている時間です。

こんな事もあろうかと、今朝家の鍵を持たせておいて良かった!!

今から帰るよ~ん!! 

混んでる時間滞の割にはスンナリとタクシーに乗れたので、

ホットしたのです が、

ある所に来ると、道がふた手に分かれています。

上を走るとすこし遠回りになるので2~3元高くなります。

何も言わなくても体外の運転手さんは、よっぽど道を知らない人で無い限り、

下の道を走ります。

上の道を行こうとしたので、 『下の道 下の道!』と指示した所、

慌てて急ブレーキをかけ、急停車!

『 何でだよ!タカが 1~2元 高くつくだけだろう!!』 と、のたまわります。

とりあえず下の道に行く体制は取るものの、丁度渋滞していて、前には進めません。

ブツブツとネチネチと同じ事を繰り返して言っています。

コイツ!わざと遠回りするつもりだったんだじゃないか!!むかつく!!

余りに五月蝿いのとムカついたので、ぶち切れながら言ってやりました。

『 あ~あ~!ごめんよ!!じゃあ、こっち(上の道)走っていいよ!!』

返事をしません。でもはブチブチ続き、再度言ってやります

『 あ~あ~!ごめんよ!じゃあ、こっち(上の道)走っていいよ!』

仕舞には いきなり  エンジン切りやがった!!

 『 あっ、この人怒った!』一緒に乗っていた友達二人が同時に声を上げます!

何とも言えない緊迫した空気が流れ、私も後には引けません!!

隣に座っていた友達もムカついたらしく、運転手の認識番号を声を出して中国語で読み上げます。

(この子、普段は中国語を殆んど話しません。)

絶対下の道で行かしてやる!私は一言も言葉を発せず、

思いっきり怒りのオーラを発します

運転席の真後ろなので、バックミラーでお互いの表情が解ります。

暫くすると、奴はエンジンをかけ車をスタートさせました。

下の道を走り出したと思ったら、今度は無茶くちゃな荒っぽい運転をわざとします。

しかし、天は我らを見捨てなかった!何んてったって、渋滞時間だから!

それでもチョッとでも隙間が開こうものなら、ワザと危ない様に、

お尻を(車の)振りながら走ります。

私らが 『 降りる!』とでも 言うと思ったんかい?

しかし、誰一人として 『 いや~、怖い~、やめて~ 』 何てことは言いません。

それどごろか、涼しい顔です。

こちとら伊達に 3~4年も ここに住んでる訳じゃないんじゃ!!

それ如きでびびる私らじゃないわ!!

 ははは~んだ!!( ̄┰ ̄*)ゞアッカンベー!

 

今さらながら・・・

こんな中途半端な中国語でも、何とか渡り合って行ける様になったね~

と、友達と感心しながら、ようやっと、お家に辿りついたのでしたぁ~。

疲れたわぁ~。

しっかし無事に辿り着けて良かった(゜ーÅ) ホロリ(゜ーÅ) ホロリ と

友達二人はきっと思っていた事でしょう。

怖い思いさせて御免ね、そっと心の中で手を合わすチャイなのでした。

 

                                          おしまい

 

 

 

 


チョッと微妙。 [娘の事]

お久しぶりです。

昨日は『母の日』だったんですね。

自分を含め家族全員が忘れていました。

自分も親にアレコレ何かしようとも思いもかけない為、

子供達から『母の日』だからと、感謝の気持ちすら述べられなくても

一向に気にも留めず、さっぱりとしたものです。

 

     そんなチャイ家の昨日の笑い話。

 7時に起床し、家族そろって朝御飯を食べてる時でした。

 Cちゃんが突然、『 今日の夢は笑えたなぁ~』 そう言うと私を見ながらニヤニヤしています。

 其れがね、何故だか私がイタリヤに居るんだよ。

 そしたら知らないオジサンが来て 「お前はマフィヤになれ!」って言われて

  何故だかマフィヤになるんだけど、なんせ入って直ぐのぺーぺーだから

  先輩と一緒に借金の取り立てに行くことになるんだけど、

  なんとその借金をしている張本人がお母さんだったんだよ!!

  困ったいたら先輩が、まずお手本を見せるからと、家の中にはいっていったのね。

  しかもその家は、結構立派で広い豪邸だったんだよ。

  『 お母さん、こんな豪邸に住めるんだったら謝金返してほしいよ~!!』そんなことを

  思いながら先輩を待って居たんだ。

  しかし、いくら待てども帰ってくる気配がないから。。。

  どうしたのかと。家の中を のぞき穴から見てみると・・・・

  その先輩マフィヤはお母さんにボコスコにやられているので、慌てて中に入り、

  「この人は少し精神状態のおかしな人なので、簡便してください!」と誤り倒して

  命からがら逃げ帰ったんだよ。

  お母さんの最強ぶりには、ホンとにビックリさせられたよ!!

 この後にも可笑しな話が続くのですが、どれも面白おかしいはなしばかり。。。

  要するに、Cちゃんにとって私は最強なのね!

  それは母の日に、とっても素敵お褒めの夢!?

   Cちゃん!アリガトウ!と、

  素直に喜んでいて良いのだろうか。。。

  取りあえずは喜んでおこう・・・でもやっぱり

            う~ん 微妙~・・・・ だな。   ( ̄、 ̄;)ゞう~ん     

                                         終わり。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。