So-net無料ブログ作成
中国旅行 ブログトップ
前の10件 | -

シルクロードへ、旅の思い出  [中国旅行]

シルクロードへの旅、移動距離の長さにつくづく中国大陸の広さを思い知らされました。

 マイクロバスもきつかった・・・・ 

しかし、それよりもキツかった・・・
何がって?トイレです!
 途中でトイレに行きたくとも、そこいらで気ままにする訳もいかず、
次のトイレのある場所までは2~3時間掛かるのは当たり前。
最近めっきり色気づいた 娘たちにとっても トイレに関しては旅立つ前から覚悟するように
しっかりと言い聞かせてはいたものの・・・・
そんな中、観光スポットにたどりつくまでの間に立ち寄ったガソリンスタンド・・・・
一応 トイレらしい囲いはあったものの、中は穴だけ・・・それ以上は思い出したくも無いくらいな悲惨な目に会わせてもらいました。。。
チャイ自身は、穴だけ幾つか開いた 二イ~ハオトイレ なんぞはとっくに経験済みだったのと、
トイレ我慢できない症候群なので、抵抗は無い訳ではないけど、覚悟すれば没問題なんですが、
さすがにここのトイレには、親子3人涙を流させて貰いました。


そんな旅あるにも関わらず、今回このツアーに参加した理由の一つに、
シルクロードの旅って事の他に、汽車にての移動が2回あるという事。
汽車に乗って旅をしたことの無いチャイ家にとってはトテモ魅力的でした。  

当初予想していたものとは少し違ったけど、それはそれで楽しむことが出来ました。
キップを見ると分かるけど、寝てる事がホトンドだったんですけど・・・
            
新空調硬座特快臥座 

           
キップ。汽車に乗り込むと、これと金具で出来たキップと交換されます。それを降りる時まで
保管しておいて、降りる寸前に車掌さんがまた交換しに来ます、結構しっかり管理されてます。


    中はこんな感じ(3段ベット) 写真中央の白いシャツの車掌さんがキップの交換をしています。

            

 

 あとは する事も無いので 各々好き勝手にします。
因みに、カーテンなんて物は有りません!

          

             旦那は音楽を聴き、Sちゃんは宿題の読書。                       

                                                 

 やる事も無くなれば 通路側にある椅子に腰掛けたり、外の写真撮ったり。


 洗面所は予想したより皆さんキレイに使用していたのでビックリ!トイレもこまめに掃除されていて
  泣くことはホトンドなかったけど、・・・

初めて解ったのが、字が読めない人がけっこういるって事。
ドアに 『 無人 』と表示されているのに、いつまでも並んでいる人や、
トイレから出で来るなり、水が出ないとか解らないとか、ブツブツ言いながら
堂々とお土産置いて行っちゃう人・・・・
キチンと書いてあるし、やれば水は流れていくのに・・・・ ちょっと悲しい目に会いました。

                  

      旦那、手を洗うのも嬉しそう!!↑


ここは食堂車!暇なのでツアーでお友達になった HちゃんMちゃんと探検に出たら・・・
そこに居た車掌さん達、若い子が来て可愛いもんだから離してくれません!
写真撮るっていったら喜ぶったらありゃしない!!

         
上写真 右から二人目の車掌さん。曲者です。
見回りの途中私たちを見つけ座り込み話し込むこと一時間半!
ガイドブックをぺらぺらめくりながら居座る居座る!
いい加減 『 あんた、仕事中やろ?いいんか?』 と言っても
『 大丈夫!!』 ってな具合でした。
因みに 彼には34歳、彼女は居ないけど、嫁さんはいるって事は判明しました。

                    
次の日汽車から降りて階段を下りて外に出てゆくところ、ワザワザ見つけに来たのか??
定かではないけど、『 お~~~~~~い!!』と周囲を気にすることなく、大声を出しながら
手を振り見送ってくれました。
奴、携帯電話にコッソリ Hチャン、Mちゃん、チャイ?の写真を撮って保存してたけど。。。
どないすんねやろ???削除しろって言っといたけど・・・

 

まあ、こんな感じで 楽しい旅をしていたのでした。
あ~~また行きたいね~~!!

こんな景色を見ながら  

     

             

                  

 日が沈めば後はこんな 景色しか見れないので、寝るしかありません、ぐっすり眠れるんですよね
                                                      これがまた。

                  

  けっこう図太いチャイ家の面々!子供達もすっかりたくましく成長したと感心した
  シルクロードへの旅でした。

                                                終わり 。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シルクロードへの旅 5日目 [中国旅行]

5日目、敦煌にて。

前回の記事にも書いた様に、嘉峪関から敦煌にはマイクロバスにて移動しました。
途中、こんな物をよく見かけます。

    

聞けば長城の見張り台の残存とか・・・ 
吹きっさらしで 長~い永~い 雄大な時間を やり過ごしているんですね。
この状況をどう表現してよいやら・・・ 
勿体無い様な・・・ 
中国らしい様な・・・

敦煌と言えば ご存知 こちら

 

莫高窟  中は一切写真撮影が禁止されていて
カメラまで入り口で預けないといけなかったので とても残念です。
個人的に結構すばらしいもんだと 関心しきりでした。

莫高窟の見学を終え、次に向かったのが 鳴沙山 。

 こちらもご存知

  

        砂漠。
  砂漠と言えば  ラクダ。

気温30℃位の砂漠、上から下から熱いのなんのって。
 こんな装備で頑張ってみました。

 

かなりの急勾配を登る駱駝さん、はぁ~はぁ~ ぜ~え~ぜぇ~ぃ言いながら頑張ってくれます。

かなり揺れるのでお尻が痛かったです。
昔の商人は凄い!こんなに揺られながら
暑さ寒さも厳しい中、シルクロードの旅に
出たものだと関心しきりです。

しばらく行くと あれは登れってことか?

えええぇぇ~??とか思いながら頑張ってみました。

凄い急勾配!! まっ、待って 娘その1 ~~~!! ぜ~ぇぃぜ~ぇぃ・・・・・
上からも先に登って休んでいる人が大きな声で
『 加油~!!』と、うるさいくらいに応援してくれます。
 休んでいようモノなら 下の人からも声が掛かります。
 Sちゃんマジで半べそかいてました。

この辛さを乗り越えると

 砂漠の中のオアシスが望めます。 ( 月牙泉 )

 人口の増加や近代化により地下水が減っていて、しばらくしたら 水が枯れてしまうだろうと
 危惧される位に泉に水がありませんでした。昔はもっと砂漠の中のオアシスとして
 栄えていたそうです。

 登ったら降りなければなりません。

 板そりです。

あっ!っという間に 滑り降りますが、これが結構バランスを取るのが難しいです。
全身砂まみれ!!この後また汽車で移動だって事忘れてた私達・・・・

お風呂も入れないじゃん!!って思い出したときには、すでに遅かったのでした・・・

 

新しい敦煌駅 まだ建設途中みたいでした。

 

  今夜のお泊りは汽車の中。

           朝になったら 再びウルムチです。        

                                           つづく。


nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

シルクロードへの旅  4日目 [中国旅行]

明けましておめでとうございます。

お恥ずかしい話ですが、昨年の春の旅行記の途中でブツ切れとなっている
当ブログ・・・
続きを 自分の思い出の記録として書き残しておく事にしました。
とは言うものの、写真を貼り付けて終わるんですけど、あしからず 。

では 前々回の続きから

 4日目、嘉峪関へ

 ここ嘉峪関は万里の長城の西端 2500年前に周代末期に北方匈奴の侵入を防ぐために
 建てられ、増築と後退を繰り返し、現在の嘉峪関は明の1372年に建造されたものらしい。

 『 天下第一の雄関 』と言われるだけの事はあり、見ごたえのあるものでした。

   

                   

                        

        

 

 ここの場所は昔の映画 『 敦煌 』 で使われてましたよね~?

  NHKの 「関口知宏の中国鉄道大紀行」でも 放送されてました。

長城を汽車や乗用車が横切る形で走り去ります、私達の乗ったマイクロバスもここを通り
敦煌へと行きました。

 その時見た長城です。↓

            

 

 

             後はひたすら  

    

こんな風景が続き、ひたすら眠りこけていました。

                                     つづく。


nice!(7)  コメント(5) 

シルクロードへの旅 3日目、天山天地へ。 [中国旅行]

旅の3日目はウルムチ市内から1時間半の所にある天地です。

中国のスイスとか、西の九寨溝といわれるそうです。
先ず御覧あれ!

 

 

 

ホントに素晴らしい景色でした。

あまりの美しさゆえ?相変わらず浮かれポンチキ一家、ご期待どおり ( って誰が??)

今回もやって来ました、例の恒例となった アレを!!

 

 

 

 

  けっして スナフキンではありません。
                                    うちの旦那です。

私達も・・・懲りずに ポリポリ f  ̄. ̄*)

 恥も外聞もありません!
     旅に出ると使命感に燃えるようになりました。

何せ格安ツアー なもので、見学とか遊覧とかたどり着いて
一回りしたら ハイ!次行きま~す!! だったので、ここでは少ないながら
自由時間もあり、少し冒険もしてきました。

貸し衣装屋の オヤジが 
『 どうだい? 僕のお家に遊びに来ないかい?ほら、あそこの山の上にあるのが
僕の家なんだけど。 勿論、車で送り迎えするよ!』
ってな事を 言葉巧みに ( ってそんなに 良くは中国語できませんけど。。。)誘います。

指さした方角には パオが有るではないですか!!
勿論、行きましたとも!何でも お茶が飲めたり食事も出来るというので、
ボッタクラレ覚悟で遊びに行きました。
いざ車に乗り込む時になって、衣装屋のオヤジが いきなり
チョイト人相の悪いお兄さんを紹介してくれて、
『 こいつは俺の友達だから、コイツの家に連れて行ってもらえ!』
見たいな事を言うので少しビビッたけど。。。今さらって感じで車に乗り込み
1分 経つとこんな所でした。

    ほっほぉ~、これがパオってヤツね~!

中は・・・こんな感じです↓

  

   
                    天井は開け閉めが出来ます。昼間は空けて置くそうです。

 

    
ミルクティー や 自家製のパンやヨーグルト( 酒かすの香りがしたけど食べれなくも無い!)

  ←この麺 が絶品の美味しさ!!

写真を撮り忘れたんですけど、ここで食べた 串焼きの羊肉の美味しかった事!!
この旅で何度も食べたけど、ここの物が何しろピカイチの美味しさでした。
そういえば・・・パオの周りで羊を飼っていたけど、それだけ肉も新鮮って事なのかな?

 一緒に旅行している人達が見ることも出来ない景色を見たり、パオに訪問し
美味しい物を食べ、 尚且つ案の定 ボッタクラレ、愉快な天地の観光をした
チャイ家でした。

     

                      

 

 

待てど暮らせどお迎えの車がこず、結局 歩いて下に降りていく羽目に。。。
悪いと思ったのか?お兄さん
『 これは民族衣装なんだよ、これ着て写真を摂るか? 
    心配要らないよ!お金は要らないから!! 』 と しきりに
旦那の機嫌を取ろうとします。
(この前に かなりのボッタクリをしていたので 
           旦那がちっとBoo~~!(-,-メ)ρ))たれたからかな?)

 彼に↑撮って貰った記念写真

 

 こうして 後ろ髪を引かれながら 天地を去ったチャイ家なのでした~

 

 

                                                  つづく・・・・


nice!(11)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

シルクロードへの旅 2日目 ウルムチからトルファンへ。 [中国旅行]

2日目

眠たい体にムチを打ちながら何とか 9時の出発に間に合う。

今日は3時間掛けて、こじんまりしたマイクロバスに揺られて

トルファンまで行き、途中幾つかの観光をして 再びウルムチへ引き返す

という強行軍!

こんな景色を眺めながらの旅のスタートである。

  
                                巨大風力発電 凄い規模です! 

 
                    油田発掘、幾つも有りました。

             
どこまで行っても長い一本道。物凄い速度で走りまくります。

右も左も 見渡す限りの砂漠地帯、砂の砂漠ではなく、ドロと砂利の入り混じった様な大地が
続く。

暫く行くと孫悟空があんな所に?? 火焔山でした、気温が上がれば上がるほど
山肌が真っ赤に見えるそうだ。孫悟空が鉄扇公主と戦い芭蕉扇で炎を消し
土地を緑野に変えたという西遊記の舞台らしい。
   
何せ 格安ツアー なもんで?見学も無くただ通り過ぎるだけ・・・    

               大峡谷?

こんな岩山に見えるけど、峡谷の一番下(底?)には水が流れ、チラホラ緑も見える。

 

 暫くすると人の住んでいる気配が・・・・

               牛でした・・・??

       葡萄を乾燥させる為に風通しを良くした建物。

                  
                   壮大な地下水路のカレーズ、
                               この地上にはぶどう園がある。
                                     

         
            葡萄棚 実はこれからでした、残念!!                      

                 ポプラ並木が綺麗でした。

 

他にはこんな所にも行きました。               

 

    
      遠くに見えるのは有名なイスラム寺院。だそうです。  

    

 吐峪沟景区の千仏洞↑ o(~o~;):ハァハァ・・!! 言いながら 上に上にと登ります。
                                      

ここは95%以上ウイグル族の住む地区に中にあり、仏教が栄えていた頃に描かれた壁画が
あります。しかしウイグル族によりこの地が統治されるようになって仏教に関する壁画が壊されたり
外国の探検家により持ち帰られたりしたそうです。今ではその一部の 仏像の目や顔などが
えぐられた壁画が残っており、見ることが出来ます。
自然の鉱物を使用して壁画が描かれていたので、今でも色は残っていました。

 

他には  高昌故城 

歴史の勉強不足でよくは理解していないので、知っている方解説宜しく!
2千年もの昔からここにある城跡のようです。三蔵法師もここの王様に頼まれて
ここで仏教の教えを説いたそうです。
  
               かなり広大な規模です。

                    

                             このロバ馬車に乗って移動してました。

2千年もの時間が経っているのにも関わらず、残骸にしろ形が残っている事にオドロキを感じました
(勿論、一部は修復したり、次代の新しい物も有りますが・・・)

さてさて、様やっと最後にたどり着いたのが、ウイグル人のお家??でした。

             

お部屋を見せていただき?お茶を出され、いきなり踊りを見せられ

そうこうしている間に 一緒に踊らされ??

               
                           旦那、中央に連れて行かれノリのりでした。

 最後にこの家の裏のぶどう園で出来た葡萄(干しぶどう )を買ってください!!
って運びでありました。

   

ここで一つ お勉強しました。

干し葡萄を買う時、気をつけてください!上の二つの茶碗に入った
干し葡萄、右の緑色なのは乾燥剤の色だそうです!!早く乾燥させて出荷させる為に乾燥剤を
使ったものが出回っているとか。。。自然乾燥させていると左のように水につけても色は出ないそうです

は~ぁ~ ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

ようやっと 今日のスケジュールをこなしました、夕飯を摂る時間ですって言われて
時計を見たら

  うっそ~ぉ!!
向こうは窓の外、まだあんなに明るい!!そうなんです!日の入りが21時なんです!

人間の体って不思議なもので、お日様が明るいと勝手にまだ夜じゃないって勘違い
しちゃうって事をはじめて体験しました。
何時もならこの時間 お腹がいっぱいになって眠くてしょうがない時間なのにね~
などと関心しながらホテルに帰る一行なのでした・・・

                                                つづく・・・・


nice!(8)  コメント(10) 

シルクロードへの旅 楽しかったぁ~。 [中国旅行]

(*^O^*)タ(*^O^*)ダ(*^ー^*)イ(*^O^*)マーー!

旅立ち前の 不整脈も旅立った途端に無くなるという位い

おもしろ可笑しな旅でした。

何処に行ったんか って? 実はね。。。

今回は シルクロードの旅 ( 正確には その一部分だけど。。 )

 

大連の地元旅行社を使っての格安ツアーの旅行でした。

と言っても、日本人を集めたツアーでした。

老若男女入り乱れて 12人の団体さんです。

子連れはチャイ家 だけって事もあり 迷惑が掛からない様に

子供には旅立つ前から あれこれ 言い含めての出発でした。

 

1日目

 大連より ウルムチへ 石家荘 経由にてのフライト。。。


 いきなり出発直前から雨が降りだし、石家荘で雷、大雨にみまわれ
 大幅に待たされる破目に・・・・
 ウルムチに到着したのが夜中の1時
                        (北京時間。ウルムチ時間はその2時間遅れ)

        
 にもかかわらず、ガイドさんは 『 夜はこれからです!! 』

               
 などとニコニコ顔? ( 後からその意味が理解できたんだけどね。)


 『 明日は、北京時間で9時に出発です。ユックリ出来ますね~。』 って・・・???


 ウルムチ時間だと確かに11時だけどさぁ~、実質 そんなに寝る時間無いじゃん!
 

 こりゃあ~ 大変な旅が始まるのだろう。。。

そんな事を思いながら 子供達とシャワーを浴び2時過ぎに

やっと眠りに就いたのであった。

 

                                        2日目に つづく。。。。

 


nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

ストレス発散できるんかい? [中国旅行]

今日から旅に出ます。

今回は、初めて中国の旅行会社のツアーを使っての旅です。

とっても不安な滑り出しでした・・・

子供の汽車席(寝台)が取れていないと連絡が入ったのが2日前のこと・・・

アンタ、何度も確認した時、『 大丈夫です。 』ってそのつど言ったよね!?

昨日の時点で確認した所、『 大丈夫です!取れてます!!』って言ってたけど・・・

19日には全額旅費を支払ってるんですけどね・・・ …o(;-_-;)oドキドキ♪

出発時間と集合場所は29日にお伝えしますって言われて・・・

ドキドキしながら、時々なんか質問を作ってメールしたり電話したりして

逃げてない事を確認してしまう私って・・・・( 小心者(^▽^;) )

昨日の午後になっても連絡が入らず・・・

 

    ヤラレチャッタか!?

 

慌てて携帯に連絡すると、

『 今、営業で出先なので今会社に戻ったらすぐに連絡します。』

何で今言えないんだよ~!!とイライラしていると、ようやっと連絡が入りました。

って、ここでまだ安心は出来ない・・・・

何ていっても飛行機が無事に飛び立つまでは !!

( 何でもチャーター機らしい )

無事に楽しんで帰って来れるまでは・・・・

 

どうなる事やら・・・・   こうご期待!!  

 

                     イッテキマース"8-(  ̄ー ̄)カタカタカタ--..              


nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

2005年2月 気温零下23度の思い出。 [中国旅行]

今年も去年も 春節前になると2005年の2月に観光した

黒龍江省ハルピンの氷祭りを思い出すチャイ家。

美しかった事は当然のこと、あの寒さったら

半端じゃなかった。

        マイナス23℃!

靴に忍ばせた足の指先ホッカイロさえ、外に出ると

その寒さのため、暖かさを感じなくなってしまうくらい・・・

さすがの Sちゃんも 足が痛いと初日には泣き出したくらいだった。

 

 

街中の公園での氷まつり

  

  

 

  

  

昼間は 市内 松花江の凍った川でソリをしたり、犬ぞりに乗ったり

馬車に乗ったりして遊ぶ事が出来きる。 

 
松花江ロシアでスンガリー、アムール川となってオホーツク海に注ぐ大河!!
                   そんな大河の上で↑こんな事や↓こんな事して遊びました。

このソリは ホントに楽しくて親子してハマってしまいました。

 
「 冬季鉄人三項 勇敢者的遊戯 」は向こうのルージュみたいな遊び場です。

 

   

        アンタ 誰?
街中は想っていたより美しい町並みでした。古い建造物もあり、趣がありました。 

ホントに寒くて顔を出して歩くのがきつかった・・・
でも・・昼間にこんなカッコをしてるのはチャイ家だけっだったなぁ~・・・

 

兆麟公園で開催されている氷祭り。

               ( 氷灯祭り )

 

松花江の凍った川の水を切り出して
                              作成した物の中に明かりを灯してあります

 

 氷、こおり 氷の世界!! ツルツルすべる コケたら起きるのも大変!↑

に、しても寒い!!何しろ寒い!何かしら身体を動かしてないと

身体が凍り付きそうな感じでした。写真を撮るのもボ~ッと立ってられなくて
ツイツイ踊りだすア!(* ̄○ ̄)( ̄о ̄*)ホ!!親子

    

 

     

                  

          

                ←私

              

                        

                     

               

       

              

   

 こんな感じでした。

寒がり親子なんですが・・・

もう一度行ってみてもいいな~ぁ

この時期になるたびに 楽しかったよね~ぇ

なんて懐かしがってる チャイ家 なんです。

                                 お し ま い 。


nice!(11)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

上海 [中国旅行]

上海のお友達の家に遊びに行きました。

田舎者の私らチャイ家を心配してアテンドしてくれました。

申し訳ないくらいに楽しませて頂きました。v( ̄ー ̄)v

((o(^∇^)o))わくわく空港に行くと、霧の為朝から飛行機飛んでなかったりして

半日 大連空港で時間を潰さざるを得なかったことを除いては、楽しい

2日間を過ごす事ができました。

まずはここ、上海雑技団

  
                               はいポーズ!が笑えます。

 確か14人自転車に乗ってます
皆さんどうなってんの?

 
この球の中に5台のバイクが一緒に走りまわって
見ていてハラハラドキドキの連続です。

テレビなどで見る雑技団と何ら変わりは無かったけれど、やっぱりで見ると

それなりに楽しいものでした。子供達の反応をが面白くソッチ (。・・)σを

見ていても楽しめました。

後行ったのは有名な ここ↓豫園!観光そっちのけで食い倒れてやる~!!

 
一階からずらりと並んだ人の列。2階の席では客が座っている直ぐ後ろに人が立っていて、食べ終わるのを今か今かと待っています。
私達は3階のゆったりとした部屋でゆっくりと食べる事ができました、っていっても一人60元最低でも注文しないといけないんですけどね・・・

   
テレビとかでも見たことある有名なお店です。

  
直径10cmくらいある淮揚湯包ストローでスープ   キノコ小籠包 メッチャ美味しかった!!
を飲んだ後中身も頂きます。黄色いのは上海蟹
の蟹味噌です。

 
食べることばかりで写真を撮る事忘れてました。

お腹が満たされたあとはぶらぶらと歩きまわりました。

上海は流石に古い歴史のある街並みで、懐かしいような、それでいて

近代的なビルも立ち並びお洒落な感じのする所でした。

    いろんなガイドブックに乗ってる!この人↑

 

 

 

さてさて、夜は夜でまた食い倒れてやる~ぅ!とばかりに街に繰り出しました。

友達曰くここは上海で一番古いお店なんだぞ~!!との事。

梅龍鎮酒家 1938年から創業してるそうです。

 
アンティックな感じでいい感じでした、でもチョッとお化けが出そうで怖い感じ
もしてました。

    
色々美味しい料理を頂いたんですけど・・・また食べる事に夢中になり
写真撮るの忘れてしまいました・・・

でも この日の目的は  これ↓

    上海蟹

                 
解説するまもなく 一生懸命 食べてしまいました。

 あしからず。

美味しゅうございました。って事で。

今度は夜の街中に繰り出します。

 

ここ!黄浦公園からみた浦東地区の夜景です。

    
この写真を撮るのに身長152cmの私がどんなに苦労した事か!
物凄い人ごみの中、一番前にも行けず仕方ないと 両腕をこれ以上
もう伸ばせませんって所まで伸ばし、人の頭が入らない様に細心の注意を
払い、ブレない様にシッカリとふんばりながら、尚且つ、子供らが勝手に何処かに行かない様注意し、そんでもってスリとかに襲われない様にカバンにも神経を尖らせながら撮った写真がこれって訳よ!そりゃぁホンマに疲れたわ!
       

こんなネオン最後に見たの何時だったっけ?
こんなに眩しい夜の街中を歩きながらそんなことを考えました。

   

      
何処に行っても物凄い人、人、人。     ふと見上げれば十五夜お月様。

          

街路樹にもお洒落なイルミネーションが!
                    子供達も 綺麗~!と大喜びでした。

2日しか無かったのと、今回は友達に会うのが一番の目的だったので
いつもの様に観光らしい観光をしなかったので、また行って見たいと
思いました。

住むにはチョッときついけど、遊びに行くには良い所ですね上海って!      

お金を貯めてまた行って見たい食べてみたい事がいっぱいの上海でした。

あおいさんやぞんいえさんがチョッとうらやましかったです。

あおいさん、ゴメンナサイ折角お店の住所調べて頂いたのに、

今回は行く事ができませんでした。またの機会があれば行ってみたいと

おもいます。m(_ _"m)ペコリ

                            おしまい。

 


nice!(6)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

夏休み旅行番外編 [中国旅行]

こんにちは!

        

旅行の写真を見ていたらこんな写真があったので、番外編をして見ようかと
思い立ちました。

以下、写真のアップの自己満足記事であります。あしからず。

成都にて

 

百日紅の花が何処に行っても綺麗でした。 

 

飴細工 竜を作ってもらいました。片言の日本語を使うオジサンでした。       

           

          

     

 

 

 

 九寨溝にて

          

 

                  

 

                                

 

 

バター茶を買ったお店に展示してあった? 何なのか聞くの忘れた・・・

          よく見ると・・・

 

バター茶  美味しくも無く、まずくも無く・・・結構なカロリーだけはありそう・・
        でも、真冬の寒い所で飲んだら美味しいかも、と思った。

      

おっと!忘れる所でした

九寨溝といえばチベット民族・・・

 となれば、やっぱり、ほら、これでしょ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 

     丹東旅行に続き・・・懲りずに恥を掻き捨てて参りました・・・

 

 

 えっ?

        

  九寨溝で買った酸素はどうしたかって? 

      

 飛行機には持ち込めないので、空港で酸素の回し飲み吸いをしました。
その為か?折角体が薄い酸素の中に慣れていたのに・・・
また頭が重いような頭痛に悩まされる一家なのでした。トホホホ・・・

 

                             お ・ し ・ ま ・ い  。


nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 中国旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。